男女

初心者が始める球根育成|球根の育て方や選び方について知る

球根の選び方について

庭

球根植物の中でも、チューリップは初心者でも比較的簡単に生育できる植物です。より綺麗な花を咲かせるためには、球根選びが重要なポイントとなるでしょう。球根を選ぶ時には、手で触り目で見て判断する必要があります。

もっと読む

球根生育前の準備

フラワー

チューリップの球根を生育する際には、生育前に様々な準備を行う必要があります。その準備というのは、必須材料を揃えるといった点と、土づくりです。必須材料については、深型コンテナの選択が重要なポイントとなります。

もっと読む

チューリップの生育

植物

チューリップの生育を行う際には、植える適正時期、球根を植える深さや球根同士の間隔、水やりの量など様々なポイントに気を付けながら生育を行っていく必要があるでしょう。

もっと読む

球根の種類

庭の手入れ

多くの人の中には、ガーデニングに興味があり始めてみたいと考えている人がいるでしょう。そういった人には、球根植物を育ててみることをお勧めします。球根植物というのは、球根の状態から育てる植物のことです。球根は植物の器官のうち、地下に位置する器官が養分を溜め込むことで肥大化した貯蔵器官のことを指します。この貯蔵器官には休眠期と成長期があり、環境が生育に適していなければ休眠期に入ります。そして、生育に適した環境になった時、生育及び繁殖を開始するのです。多くの人の中には、球根を種子だと考えている人もいるかと思います。実際、その役割は非常に近いものです。しかし、種子というのは受粉することによって生み出されるもので、球根は植物の器官です。そのため、この二つは似て非なるものとなります。
球根の中でも代表的なものとして、チューリップが挙げられます。非常に知名度の高い植物のため、知らないという人は少ないでしょう。球根には5つの種類あり、それらは鱗茎・球茎・塊茎・根茎・塊根といったように分類されます。その内、チューリップは鱗茎と呼ばれるものになります。鱗茎の植物はチューリップ以外にもあり、アマリリスやヒアシンス、タマネギ、ニンニク、ユリといった植物が代表的です。先程挙げた通り、これらの植物を含む球根というのは休眠機能を持っています。そのため、初心者であっても育てることが比較的容易なのです。ガーデニングを初心者の方には、お勧めの植物となっています。